風量があって静かなケースファンを集めてみた!おすすめ紹介

case-fan

自作PCをある程度触っていると、あれやこれやとパーツを換えたくなってきます。

そんな自作PCロードを歩いていると必ず通るのがエアフローに関する話題、そしてその中でもファンについてだと思います。

今使っているケースファンの音が大きいから静かなケースファンにしたい、今よりも風力があるケースファンにしたい、そんな気持ちが沸いてきます。

また、初めて自作PCを購入する人もどうせなら良いものをと、ケースファンを別に購入することだってあると思います。

そんな人におすすめのケースファン、今回は風量があって静かなケースファンを紹介したいと思います。

photo by Josh W

スポンサーリンク
responsive-before-h2

ファンサイズ 140mm角

まず始めにファンサイズが140mmのケースファンを紹介していきます。

ケースファンは静音と冷却どちらも司っているパーツといえます。

大きなファンを使えば小さいファンよりも低回転で高い風量を生み出すことができますね。

ENERMAX T.B.Silence-PWM UCTB14P

140mmのおすすめファンといえば真っ先に思いつくのがこのUCTB14Pです。

まず静かであること。最大回転で回さない限り風切り音も気になりませんし、軸音や振動音に関してはまったく気にならないくらい静かです。

今までケースファンの音に悩んでいた方は是非このファンと取り替えてみてください。静かになったなぁ!って思うはずです。

風量も問題なく、PCケース内のエアフローを改善したいと思う人に一番ぴったりのおすすめケースファンだと思ってます。

LEDが付いていないので光り物が好きな人にはちょっと物足りないかもしれないです。けれどLEDが無いのが逆にまたいいと思わせる価値のあるケースファンだと思います!

リンク【ケースファン】ENERMAX T.B.Silence-PWM UCTB14P レビュー

【ケースファン】ENERMAX T.B.Silence-PWM UCTB14P レビュー
夏になると特にパソコン内部の温度が気になります。 僕が今使っているパソコンは自作パソコンなのですが、実はそれに使っているケース...

ENERMAX CLUSTER ADVANCE UCCLA14P

光り物が好きな方ならこちらのUCCLA14Pもおすすめです。

白色のLEDが4個搭載されていて、UCCLA14P自身の存在をアピールするだけでなく、ケース全体のアクセントになっていますね。

LEDだけでなく性能も、メーカ公式スペックでは最小ノイズ9dBA、最大風量92.21 CFMという超高スペックになっています。

まぁ、最大風量を目指そうと思ったら最大回転させないといけないのでそこそこのノイズが発生してしまいますけどね。

逆に少し風量を落として運用すればかなり静かなケースファンとして使えますし、それでも十分な風量があるのがすごいところです。

さらに3段階で回転数を選べるスイッチが備わっており、システム環境や好みに合わせて回転範囲を選ぶことができます。

先ほど紹介したUCTB14Pと比べると少しだけ価格が高くなっていますが、スイッチなどギミックもあり、光り物が好きな人にはおすすめのケースファンです。

GELID Silent 14PWM

SILENT14PWMの特徴として、まず安いこと。他のPWMファンと比較してかなり安価です。

静音を謳っているのでそこそこ静かですが、やはり回転数を上げれば上げるほど音が気になるのは仕方ありません。

安さ故か、軸音など作りのチープさについてよく聞きますが、とりあえず安くPWMファンを手に入れたいと考えている人におすすめなのがこのSILENT14PWMでしょう。

ファンサイズ 120mm角

次に120mmのファンですが、基本的には先ほど紹介した140mmファンで気に入ったものがあれば、それの120mm版を購入すれば間違いないと思います。

基本的に、ファンサイズが小さくなればその分回転数で風量を補うことになります。同じ風量にしようと思えば回転数を上げなければならないので、それだけノイズも大きくなっていきます。

とはいっても120mmファンしか空いている場所が無いといった状況も多いので、そんなときに120mmファンは活躍してくれますね。

ENERMAX T.B.Silence-PWM UCTB12P

140mmファンで紹介したUCTB14Pの120mm版です。

最大回転数が増えた代わりに、最大回転時のノイズも増えています。

デザインや構造に関してはまったく同じになっています。

ケースファンは常に最大回転させなくてもいいものなので140mmと120mどちらも取り付けられるなら、まずは140mmのUCTB14Pから集めることをおすすめします。

ENERMAX CLUSTER ADVANCE UCCLA12P

これも140mmファンで紹介したUCCLA14Pの120mm版です。

先ほど紹介したUCTB14Pと同じで回転数やノイズこそ違いますが構造は同じになっています。

強いて言うならこちら、120mmであるUCCLA12PのほうがAmazonでは人気”らしい”です。

GELID Silent 12PWM

これも140mmファンで紹介したSilent 14PWMの120mm版です。

メーカーがGELIDからサイズに変わっているのは、サイズがGELIDと日本での代理店契約を結んでいるからでしょうが、どうしてファンサイズによって統一していないのかは分かりません……Amazonさんの気分なのかもしれません。

後は他の140mmと120mmの違いと変わりません。

まとめ

風量があって静かなケースファンというまさに贅沢な望みですが、これらのファンを使っておけば現状よりも満足することは間違いないと思います。

超静音や大風量に特化したファンや、ニッチな要求に応えるようなケースファンもありますが、まずはこれらのような根本から解決できるような万能ケースファンを使うことをおすすめします。

熱対策は忘れがちですが大切なことです。それにケースファンの音が気にならないってのは思った以上に快適なものなんですよ。

あと、文中でも書きましたが、140mmと120mmなら140mmのケースファンから集めることをおすすめします。効果もそっちのほうが感じやすいと思います。

最後に、ケースファンが取り付けられるかどうかは自分のPCケースを見ながら確認してくださいね。無いとは思いますが120mmしか取り付けられないケースに140mmを取り付けようとしちゃった、なんてことにならないよう注意です!

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする