「gg」の使いすぎには注意して!煽りと受け取られることも

gg

近年、海外のオンラインゲーム、特にLoLやDota、BFなどの日本人プレイヤーが増えてきました。

試合後にチャットで交わされる「gg」という言葉。ある程度慣れた方なら知っていると思いますが「お疲れ」的な意味を表します。

でもそのgg、もしかしたら知らず知らずのうちに相手の気分を害していることがあります。

「なんで?皆にお疲れって言うのが悪いことなの?」

たしかに互いのチームを称えあった言葉ならばそうはなりません。ですが、時と場合によっては相手の気分を害することもあるのです。

今日は「gg」についてもう一度よく考えてみてください。

スポンサーリンク
responsive-before-h2

まずはggの意味と使い方のおさらい

ggの意味

gg

ggとは「good game」の頭文字を取った略語で「ジージー」あるいは「グッドゲーム」とそのまま読みます。

意味は「良い試合だった」が転じて「お疲れ」という意味になります。

ggの使い方

ggは主に対戦ゲームの試合後にチャットで用いられる言葉で、プレイヤー皆を称える意味をこめて使われてきました。

「あぁー、負けちゃったけど良い試合だったよ。お疲れ様」「こちらこそ対戦ありがとう!お疲れ様!」

日本で言うならばこのような使われ方をしてきました。

ggを気持ちよく使うために

ボロ勝ちした相手にすぐ「gg」はやめたほうがいいかも

shake hands

『たかがゲーム』そう思っている人もいるかもしれません。

けれどオンラインゲームは画面の向こうで同じようにプレイしている人がいて、その人は全力でプレイしているのです。

全力でやった結果それがボロ負けだったときに相手から最初に飛んできた言葉が「gg(お疲れ)」だけだったらどうでしょうか。

対戦ゲームをやったことがない人は信じられないかもしれませんが、結構へこみます

チャットは相手の顔が見えない分、言葉がダイレクトに響いてくるんですよね。

落ち込んでいるときはそっとしておいてあげるほうがいいときもあると思います。

負けた側から「gg」と言い出すのがベター

負けた側が敗北を受け入れ、悔しいと感じる部分もあるけれどすがすがしく「お疲れ」と言い出せば相手も気持ちよく受け取ってくれると思います。

本当に良い試合だったとすればそんなこと考えずとも互いから「gg」という言葉が出てくると思います。

ggの悪い使い方

誰かがミスをして「gg」

brick-depressed
photo by Joris Louwes

人間いつも完璧な行動ができるわけではありません。ミスだってたくさんします。

そんなミスを見つけたとき「gg」と言う人がいますが、できるだけマネしないようにしましょう。

失敗したときに言われても嬉しいと感じないですよね……?

「gggggggggg」と乱暴に書きなぐる

特に勝ったとき、このように乱暴に書きなぐるのはやめましょう。

日本で言うならば「おつおつおつおつおつ」とチャットするのと同じです。

勝った相手にこんなこと言われたら悲しいですよね。

「gg」は「^^」と同じだ

本来は相手を煽る意味なんてまったくなかったはずなのに乱用されていくうちに歪んだ意味で相手に届くようになっていってしまいました。

同じようなものに「^^」がありますが、これも本来「よかったね^^」といって相手を褒めるときに使われていたのですが、乱用されていくうちに時と場合によっては「はいはい、よかったね^^」と相手に受け取られるようになってしまいました。

「gg」も同じです。

使い手が意図していなくとも、受け取る側が悪く捉えてしまうなんてことも起こってしまうことがあります。

まとめ

今自分が言われたらイヤな気持ちになるだろうな、という言葉は使わない!

結局これですよね。これさえ覚えておけばきっと皆も今まで以上にオンラインゲームを気持ちよくプレイできると思います。

皆も楽しいゲームライフを!

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする