福井弁が思った以上になまってて面白い

fukui-station

皆さんは福井弁というものを聞いたことがあるでしょうか。

僕の友人に福井生まれ福井育ちというバリバリの福井県民がいるのですが、福井弁というものは思った以上になまってるんですよね。

今までそれほどきついなまりを聞いたことがなかったので初めて聞いたときには「うわぁ、すげぇなまってる!すげぇ!」と思ったほどでした。

なまりを馬鹿にする気持ちは一切ないのですが、なんと言うのでしょうか……方言萌えといいますか、めちゃくちゃ面白いんですよね!

今日はちょっとだけ福井弁を紹介したいと思います。

photo by Yuriko IKEDA

ここで紹介する福井弁はあくまでも管理人の友人から聞いた方言であって、全てが正しいという保証はいたしかねますのでご了承ください。

スポンサーリンク
responsive-before-h2

接続語と語尾がほとんど伸ばし棒

基本的に会話の接続語と語尾には「ー」が付くか、語尾が伸びた感じでした。

「だからぁ、これをしてるんだよー」みたいな感じで、しかも文節の終わりがうねるようなイントネーションになってるから面白いんですよ。

東北のなまりもこんな感じなのかなぁ、と勝手に想像しているのですがどうなんでしょうね。

「や」がめちゃくちゃ有能

聞いてて思ったのは、「や」という文字がかなり使用されてるなという感じでした。

「なにしよんや?」という疑問にも使えるし、「や」のあとに一文字足して「やで」「やが」「やげ」という言葉もよく聞きました。

それぞれ「~だから」「~だよ」「~だよ」という意味らしいですが、「やが」と「やげ」の使い分けについて聞くのを忘れてました…また今度聞いてみようと思います。

他の方言に比べて「や」という文字が使われる頻度がかなり高いのは間違いないと思います。

「はやくしろ」を福井弁で言うとめちゃくちゃ怖い

誰かに「はやくしろ」と言う時、なんと福井弁では「はよしね」というらしいです。

これって福井弁を聞いたことない人からしたらめちゃくちゃビックリしますよね。

僕はこのことを友人から教えてもらって知ったので傷つくことはなかったですが、実際に言われると結構ショッキングだと思います。

その友人いわく、小学校のころクラスメイトたちがそんなことをまったく知らず、他県から引っ越してきた女の子に使ったら悪口を言われたと勘違いして女の子が泣き出してしまったことがあるらしいです。

今でこそ笑い話ですが方言ってすごいなぁと改めて思いましたね。

テレビで聞く福井弁は似て非なるものらしい

これは他の方言でもよく言われることですが、テレビドラマなどで俳優さんたちが話す福井弁は福井県民から言わせて見れば似て非なるものらしいです。

「あれを福井弁と勘違いしちゃいけないよ」といわれてしまいました。

たしかに大阪弁や博多弁がテレビで聞いたものと全然違うーというのはよく聞く話ですね。

福井弁もそういうものなんでしょう。

なまってるからこそやわらかく聞こえることも多い

標準語で「どうしたんだ?」と言われるより「どうしたんや?」と言われるほうがなんとなく優しそうに聞こえないでしょうか。

なんだか言葉が柔らかいなぁと会話中に思ってました。

方言が好きな人なら福井弁はかなり良いと思いますよ。

今日はどうしても福井弁について書きたかったので突発的な更新になりましたが方言は本当にいいですね!

同じ日本なのに喋り方が全然違ってどれも聞いてて心地良いです。

友人からまた福井弁について教えてくれると言われたのでまたそのとき福井弁についてお話したいなと思っています。

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする