これは誰もが通る道?自作PC初心者あるあるを集めてみた

pc-parts

自作PCの世界は意外と大きく、テレビでよく見たあの人や、ゲームがうまいそんな人まで数多くの人たちが自作PCというものに興味を持ち、実際に組み立ててきました。

初めは皆初心者で、今では自作PC上級者というあの人にも当然右も左も分からない時期というものがありました。

今では少し検索すれば情報がいくらでも手に入りますが、それでも失敗というものはつき物で、これまでたくさんの人たちが自分の失敗を本やネットに書き残してきました。

そうした失敗は年月が経つにつれて自作PCではよくある失敗、いわゆるあるあるとして語られるようになり、皆同じ失敗をしないよう気をつけています。

自作PC経験者が「あるある」と言ってしまうような、自作PC初心者の方にはこんなこともあるから注意してねという気持ちも込めて、自作PCあるあるを集めてみました。

photo by Josh Miller

スポンサーリンク
responsive-before-h2

自作PCあるある-パーツ購入編-

まずは自作PCのパーツを購入する際にやっちゃったあるあるからご紹介。

パーツの組み合わせを間違えて購入

これは事例もそこまで多くないかもしれませんが、PCパーツは決して安価でないのでやっちゃうと一番痛いです。

マザーボードとCPUのソケットが一致しておらず、合わなかった。マザーボードのメモリタイプが購入したメモリと違っていた。などが考えられます。

AMDのCPUを使いたいのに間違えてインテル用のマザーボードを購入してしまったなんてことがあったら最悪ですよね。

あと、2015年にはインテルから第6世代Coreプロセッサーが発売され、CPUソケットが新たにLGA1151となりました。

それまで主流だったソケット形状LGA1150とは1だけ違っており、当然マザーボードのCPUスロットもLGA1151に対応したものを購入しなくてはいけなくなったのでややこしいかもしれませんがよく注意して購入する必要がありますね。

グラフィックボードがケースに収まらない

geforce-gtx-680

photo by NVIDIA Corporation

これはミニタワーやスリム、あるいはキューブ型のケースを使う人に起こりうる失敗で、ハイエンドのグラフィックボードを買ったはいいけど、取り付けようとするとケースの一部分に干渉して収まらない。なんてことがあります。

あとは、2スロットを占有するグラフィックボードなのに隙間がなくて取り付けられないなんてこともあるあるです。

グラフィックボードを購入する前に、自分のPCケースにちゃんと収まるかどうか確認してから購入するようにしましょう。

CPUクーラーがケースに収まらない

意外と忘れがちで、だからこそ一番起きてしまう失敗がこれです。

基本的には先ほどのグラフィックボードと同じで、ケースに干渉してしまうパターンです。

インテルの第5世代Coreプロセッサー以前のCPUには最初からCPUクーラーが付属しています。リテールクーラーと呼ばれているやつですね。

新しくリテールから社外品のCPUクーラーに載せかえると、まずその大きさに驚きます。

もちろん小さいクーラーもありますが、基本的に売れているCPUクーラーは大抵でかいです。

まさかこれほど大きいとは思わず、意外と皆サイズを見ずにネットで注文しちゃうんですよね。

で、届いてみると大きすぎてケースに収まらない、と。

さすがに取り付けられるケースのほうが少ないほど大きくはないので、まぁ平均的なミドルタワーケースを使っていれば問題なく取り付けられると思いますが、自分のPCケースは小さいなと思っている方はCPUクーラー購入の際にはどうかお気をつけください。

リテール以外のCPUクーラーは基本的に皆大きいと思っておこう
先日発売されたインテルの第6世代Coreプロセッサー、つまり6000番台のCPU以外は、CPUを買ったらCPUクーラーも付属していま...

自作PCあるある-組み立て編-

次は組み立て中に起きうるあるあるのご紹介です。

I/Oパネルを付け忘れる

pc-rear

photo by Dubas

マザーボードにはI/Oパネル、あるいはバックパネルと呼ばれるものが付属しています。これにはマザーボードのインターフェースに合わせた穴があいています。

このI/Oパネルをケースに取り付けるのを忘れたままマザーボードを固定してしまい、気づいたときには配線など全ての組み立て作業が終わった後だったなんてことがあります。

取り付けるためにはまたマザーボードを固定するところからやり直しになるので非常にめんどくさいです。忘れないようにしましょう。

ちなみに僕は今までに一度だけI/Oパネルを付け忘れたままパソコンを使っている人を見たことがあります。

その人がその後どうしたかは分からないのですが、個人的にはあったほうが見栄えも良いし、ホコリ対策にもなりますし、めんどくさくても取り付け忘れたらやり直して付け直したほうがいいかなぁと思います。

ネジをケース内に落とす

screws

photo by Sam-Cat

これはあるあると言うより、どうしても起こってしまう事故みたいなものかもしれませんね。

パーツをネジで留めようとしたらケースの中にカランカランと落としてしまった方、結構多いんじゃないかと思います。

特に狭い隙間に入ったときはもう大変です。取り出すのに悪戦苦闘します。

ネジで留める際には落とさないよう注意して、そして確実に留めていきましょう。

指を切る

yubi-kega

PCパーツって以外と鋭利です。

マザーボードの基盤やグラフィックボードの基盤、そして特に気をつけてほしいのがCPUクーラーです。

リテールのクーラーはまだいいのですが、社外品のクーラーは気をつけてください。いたるところがトガっており、気がついたら指を切ってます。

当たり前ですが痛いので、ケガしないよう優しく掴んであげてください。

パーツ付属の説明書が意味不明

もちろんパーツメーカーによって違うので一概には言えませんが、PCパーツと一緒に付いてくる説明書、あれは結構厄介者です。

最近になってだいぶましになってきたとは聞きますが、まず日本語が難しすぎます。

PCパーツの説明書は様々な言語で記載されているのですが、ほとんどの説明書は英語を基として書かれています。そして英語の後には中国語だったりイタリア語だったりが記載されます。

日本語なんてのは最後のほうに書いてあり、一応のおまけ扱いがほとんどです。

そのためか、そこに書かれている日本語は「翻訳サイトで翻訳しただけだろ!」と言いたくなるようなものばかりでかなり読みにくいです。

説明書に使われる英語は簡単な英語ばかりなので、ある程度英語が理解できる人は英語の部分を読みましょう。……と言いたいところなのですが、そうとも言い切れない場合があります。

PCパーツに限らず、電子機器のメーカーは似たような製品を多く発売しているため、説明書を使いまわしていることが多々あります。そのせいで明らかにおかしい箇所があったりともうめちゃくちゃな場合があります。

個人的にはもう説明書を読むよりも、どこかが出版している自作PC初心者向けの本を読みながら組み立てたほうが安全かと思います。

自作PC上級者の方はこんな本いらないと言うかもしれませんが、組み立てについて図解してくれますし、何かトラブルがあったときの問題解決にも役立ちます。

自作PC初心者の頃って何か問題が起きたとしても、自作PC界でよく使われる言葉を知らないことがあるからインターネットでどう検索すればいいのか分からないことがあるんですよね。

その点、本があればだいたい読んでいれば写真付きで解説してるようなことがほとんどだったりするので無駄に悩まなくても済むことがあります。

僕も初めて自作PCに興味を持った頃は、BIOSという言葉も聞いたことがある程度でしたし、Boot Deviceなんて言葉聞いたこともありませんでした。

しかし、初心者向けの本を読むことによってBIOSの設定をなんとかクリアしたことを覚えています。

まぁ、インターネットでほとんどの情報が手に入りますし、自信のある方は本がなくてもうまくできると思うので大丈夫かもしれませんけどね。

自作PCあるある-起動時編-

組み立てが終わった後に起こるあるあるです。

光学ドライブからWindowsのディスクを抜き忘れる

optical-drive

photo by yoppy

Windowsのインストールディスクを光学ドライブの中に入れたまま電源を切ってしまい、また電源を入れなおさなければ取り出せないというものです。

自分で抜き忘れに気づけばいいですが、入れっぱなしだということを忘れて、どこに仕舞ったか探し回るなんておちゃめなこともあるので注意です。

これは自作PCに限らず、CDやゲームソフトでもあるあるなんじゃないでしょうか。

友達の家にゲームソフトを持っていったつもりが、ディスクは本体に入れっぱなしでケースだけ持ってきてしまった、なんてよくありましたよね。

BIOSに入るつもりがそのまま通常起動してしまう

BIOSやUEFIのセットアップメニューを起動しようと再起動したのにDelキーやF2キーなどを押し忘れてそのままWindowsを起動してしまうというものです。

これに関してはもう一度再起動ボタンを押すだけなので何の問題もありませんが、面倒ではあります。

まぁそのときは仕方ないのでもう一度繰り返しましょう。

さいごに

どうでしたか?「あるある」というものはあったでしょうか。

どれも結構聞いたことがある話なのですが、特に指を切るはやばいです。本当にいつの間にか切ってますよね。なぜなのでしょう。

まだ他にも「あるある」があると思いますが良ければ皆さんの自作PCあるあるをまた教えてください。

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする