オンラインゲームをするならメモリは8GB以上がおすすめ

carsair-memory

オンラインゲーマーが新しいパソコンを購入する際、最も気にするパーツの1つがメモリだと思います。

他にもグラボやOSなど気になるところも多いですがとにかくメモリはオンラインゲームにとっても重要なパーツです。

メモリが足りなければカクカクして満足にゲームを楽しむことができません。ある程度以上は絶対に必要になってきます。

ではどれくらいのメモリを用意すればいいのでしょうか。

photo by osman gucel

スポンサーリンク
responsive-before-h2

OSによる違い

まず始めに今自分が使っているパソコン、あるいはこれから購入を考えているパソコンのOS(Windowsのバージョン)を確認してください。

32bitなら4GBまで

Windowsには32bit版と64bit版の2種類があります。

最近新しくパソコンを購入した人は気にしなくてもいいかもしれませんが、特に古いパソコンを使っている人は32bit版のWindowsの可能性があります。

この32bit版のWindowsはメモリを4GB以上積んでも4GBまでしか認識できません。

つまり8GBのメモリを搭載しても4GB分しか活用できないということになります。

これにはシステム的な理由があるのですが詳しくは長くなるので省かせてもらいます。

最近のゲームは4GBじゃ少し厳しくなってきました。そこでゲーミングPCなどでは8GB以上のメモリを搭載するのが一般的になりつつあります。

ゲーミングPCと呼ばれているものを購入するなら基本的に64bitのOSが選ばれていると思うので安心してください。

Windows 7 Home Premium 64bitは16GBまで

次にWindows 7 Home Premium 64bitを使っている人は最大でも16GBまでにしましょう。

これも先ほどの32bitのようにWindows 7 Home Premium 64bitは16GBまでしか認識しません。

これ以降の64bit OSではなんと128GB以上はだいたい積めるので最大物理メモリサイズについて考えなくても構わないと思います。

オンラインゲームをするなら用意したいメモリ容量

最低でも8GB

オンラインゲームでパソコンのスペックに不満を感じないようプレイするなら最低でも8GBのメモリは用意したいところです。

特に最近のゲームでは推奨スペックに8GB以上のメモリを要求するものも出てきました。

やりたいゲームが1つだけで決まっているのならそのゲームの推奨スペックをクリアしておけば問題ないかもしれませんが、今後いろんなゲームをやるのならプレイ自体に問題が出てくるものもあるかもしれません。

ぜひとも8GB以上のメモリは用意しましょう。

予算に余裕があるのなら16GBがおすすめ

たしかに推奨スペックに8GBと書いてあるオンラインゲームは8GBのメモリを積めばまずプレイできます。

しかし、できれば個人的には16GBのメモリを用意すべきだと思っています。

なぜならば、オンラインゲームをやっているときってパソコンでゲームだけを動かしているわけではないですよね。

ブラウザを開いて調べ物をしたり、音楽を再生したり、友達とボイスチャットをしたりと他にもいろんなものを同時に動かすと思います。

特に最近の3Dゲームは推奨スペックで要求されることから分かるように結構メモリを食います。こんなとき8GBを搭載したパソコンで調べ物をしているとゲームは重い、ブラウザも重いで快適にプレイできないことがあります。

クエストの情報やマップ、後はおすすめの敵モンスターを調べたけどパソコンが重くて操作できない……一度ブラウザを閉じよう」なんてことをやってたらゲームで分からないところが出るたびにブラウザで検索、閉じるを繰り返さなきゃいけなくなってしまいます。

16GBのメモリを積んでおけばそういったことをする可能性を減らせると思います。

ですので予算に余裕があるのなら16GBのメモリ容量を用意することをおすすめします。

まとめ

最低でも8GB、できるなら16GBのメモリを用意しましょう。

32GBはムリに積まなくていいと思います。受けられる恩恵も16GBとそこまで変わらないですし、何より32GBも用意しようと思ったらかなりお金がかかります。

これからゲーミングPCを購入しようと考えている方もできるなら奮発して16GBのメモリを搭載したパソコンを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする