結局SATAケーブルをくるくる巻きにするのはOKなの?

sata-cable

自作パソコンを組み立てている人なら一度は聞いたことがあるだろう配線のテクニック。SATAケーブルをくるくる巻きにするというもの。

SATAケーブルをえんぴつかボールペンなんかに巻きつけて電話の受話器みたいにするあれです。

長いケーブルをすっきり配線させるテクニックとして、実際にやっていなくとも見たことくらいはある人いるんじゃないでしょうか。

けどこれ、SATAケーブルが痛むからやるべきじゃない!って言う人もそこそこいるんですよね。

肯定派と否定派がそれぞれいてしかも明確な正解はなさそうなこの問題。

結局どっちなんだ!ということで、個人的な見解ですが書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
responsive-before-h2

SATAケーブルをくるくる巻きとはどんなものか

sata-cable

まず最初に、SATAケーブルをくるくる巻きにしたものがどんなものか知らない方に紹介したいと思います。

通常SATAケーブルは商品によって異なりますが1m前後のコードが真っ直ぐストレートに伸びています。

取り付ける場所によっては50cmくらいで十分な場合も多いので余剰分がケースの中でごちゃごちゃして美しくない!と思う方が多いと思うんですよね。

そんなとき配線をすっきりさせるテクニックとして使われるのがSATAケーブルをくるくる巻きにするというものです。

やり方は簡単。SATAケーブルをえんぴつやボールペンにらせん状に巻きつけて巻き癖をつけるだけ!

これで電話の受話器のコードのようなくるくるとらせん状になったSATAケーブルが出来上がるってわけです。

さて、このSATAケーブル賛否両論なのですが僕はどちらかといえば賛成です。ただ、皆も絶対これをするべき!とまでは行かず、自分で使う分くらいならくるくる巻きにしてるよーくらいの賛成です。

僕がくるくる巻きに賛成の理由

発熱の原因にはなりにくいと思うから

僕は先日掃除機のコードについての記事を書いたのですが、そこで発熱に関する話題に触れました。

掃除機のコードに黄色と赤のテープが巻かれている2つの理由
最近はコードレス掃除機やハンディクリーナー、そしてロボット掃除機などの話題が多く、従来型の掃除機の新型が世間を賑わせるといったことは...

パソコンも掃除機も、箱の中にコードが入っているという点では同じですが、パソコンは掃除機と違い冷却装置もありますしコードが熱くなるというのも考えづらいので、SATAケーブルをくるくる巻きにすることが発熱の原因にはなりにくいと思っています。

類似品があるから

電話の受話器のコードをはじめ、携帯電話の充電器やイヤホン、ヘッドホン、他の製品にもコードをくるくる巻きにした商品を僕は数多く見たことがあります。

断線の心配で考えるならこれらの商品はほぼ全てキッチキチに巻いたものではなく、ある程度断線しない程度にゆるく巻いたものがほとんどだったと思うのでSATAケーブルも同じようにしたら問題ないと思ってます。

せっかくコードはやわらかくて取り回しがしやすいのですからきつく折り曲げたりしない範囲でなら形を変えても構わないのではないかと思っています

BTOでも採用されることがあるから

これはネットの書き込みを見て知ったのですが、どうやらBTOパソコンでも店舗によってSATAケーブルをくるくる巻きにして配線しているところがあるようです。

BTOということはお店がお金をもらってやっているのですから、言ってみればプロも使っているテクニックそう呼べるのではないでしょうか。

残念ながら僕にはPCショップ店員の知り合いがいないので詳しいことは聞けませんが、プロが使っているのですからSATAケーブルをくるくる巻きにしても問題ないという理由があるのではと思います。

自分自身まだ壊れたことがないから

最後に最もデータの信憑性がなく、けれども僕が使い続けてる理由なのですが、自分自身まだSATAケーブルをくるくる巻きにしたことが原因と見られることでパソコンに問題があったことがありません。

致命的な何かが起こったならともかく、もし仮にSATAケーブル自身がダメになったとしても数百円で済むやという甘い考えを持っているのは否定できないのはたしかですけどね……

それよりもCPUやグラボをダメにしてしまったときのショックのほうが何倍も大きいと思いますよ。皆さんも冷却排熱はしっかりと確保するようにしてくださいね!

まとめ

以上のことから僕はSATAケーブルをくるくる巻きにすることは別に構わないと思っています。

たしかに反対だという意見があることも分かります。断線するかもしれない、真っ直ぐなものに手を加えるのはイヤだ、他にも方法があるなどなど……

ですが自分自身それらのことで問題になったことがないのでまだ使い続けています。

もちろん絶対なる正確なデータは恐らくどこにもないのでイヤだと思っている人に押し付けるようなことはしませんが、友人などから配線に関することで何かないかと聞かれればこれを紹介することは大いにあるでしょう。

それと余談ですが、僕はこれの正式名称というか皆のメジャーな呼び方を知りません……そもそもそんなものがあるのでしょうか……

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする