モンスターを合成して育てて戦うフリーゲーム『闘獣王5D’s』が面白いので紹介

toju5-ss

先日から、空いた時間に友人たちとフリーゲームで遊ぶことにはまっています。

いろいろやってどれも面白かったのですが、その中でも特に時間を忘れるほど熱中したゲームがあったので紹介したいと思います。

その名も『闘獣王5D’s』というフリーゲームで「とうじゅうおう」と読むらしいです。

まるで遊戯王みたいな名前ですが明らかなパロディネタなどもなく、よくあるファンタジーもののモンスターたちが登場します。ドラゴンなども出ますがこれもファンタジーではよくあることなので名前以外には遊戯王との共通点はなさそうです。

ジャンルはモンスター育成系のシミュレーションで、操作はシンプル!だけど意外と難易度高めで、特に初回は攻略方法などもどうすればいいのか分からずすぐにやられてしまいました。

慣れてくればきっと楽しいと感じると思うので、ゲームのダウンロードから最初の流れまで簡単に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
responsive-before-h2

闘獣王5D’sをプレイする方法

そもそも闘獣王って何?

闘獣王とはkuminaga/組長Xさんという方が開発・公開しているゲームシリーズの1つで、運営しているゲームこうかいじょのページでは他にも様々なゲームが公開されています。

その中には数年前やりすぎなエフェクトで話題になった『将棋王』というゲームも公開されており「これって同じ作者だったんだ!」と感動したものです。

なお、音量がかなり大きいので視聴の際は音量を下げてから視聴してください。

闘獣王5D’sにはこのような演出などはありませんが、初めての方でも楽しめるEASYモードと上級者でも苦戦するHARDモードなどがあり、自分の好きなモンスターの組み合わせで戦法を考えたり、図鑑を埋めるためにいろんなモンスターを合成させてみたりと、意外とやりこみ要素もありました。

ゲームをダウンロードしよう

闘獣王5D’sはkuminaga/組長Xさんがゲームこうかいじょにて開発・公開していたゲームでしたが、現在は有志の方に開発を引き継いでもらっており、ダウンロードもこちらのページからできるようになっています。

toju5-dl

zipファイルでダウンロードできるのでデスクトップなど、どこか適当な場所に保存してください。

ゲームを起動しよう

闘獣王5D’sのダウンロードが終わったら次にファイルを解凍してください。

toju_5dというフォルダができると思うので、その中の闘獣王5D’sというファイルをダブルクリックすれば起動完了です!スープカップのアイコンが目印ですね。

toju5-files

余談ですがこのカップのアイコンはHSPというスクリプト言語である実行ファイルのデフォルトアイコンとなっており、ティーカップでもコーヒーカップでもなく、スープカップが正解らしいです。

ゲームのルールを教えて

闘獣王5D’sの遊び方は、解凍したフォルダの中にある説明書や、オンラインマニュアルにだいたい載っているのでプレイしながら読んでいけば理解していけるんじゃないかなと思います。

Wikiにも見やすくまとめてくださっているのでこちらもおすすめです。

とにかく一番大切なのはモンスターを合成させて強くすることです。初期状態であるLv0ではだいたいの敵モンスターにやられてしまいます。

強くして最後に出てくるボスを倒しちゃってください!

ゲームモードの紹介

ゲームを起動するとこのような画面になると思うのでひとつずつ紹介していきます。

toju5-start

ソロプレイ

まずは一番上の【ソロプレイ】です。1人でプレイする場合はここがメインになります。

最初はEASYモードのみ選択可能ですが、EASYモードをクリアするとHARDモードも選べるようになります。

なお、初めてプレイする場合は下にあるチュートリアルのチェックを入れてスタートすることをおすすめします。

画面右側にかわいらしいキャラクターたちが登場してゲームのシステムやルールをだいたい説明してくれます。

次に【データ対戦】の項目ですが、闘獣王5D’sのダウンロードページにあった闘獣王クリアデータ専用アップローダーなどからデータをダウンロードしてきて、そのデータと対戦することができます。

そして最後が【モンスター図鑑】です。こちらは名前の通り、合成してできたモンスターなどが記録されていきます。かなりの数があるので図鑑全てを埋めている人はなかなかいないのではないでしょうか。

マルチプレイ

マルチプレイは協力モード対戦モードの2つが用意されており、当然ですが2人以上いなければ始めることができません。

協力モードはソロプレイでやっていることを複数人で行うのですが、難易度がソロプレイよりも高くなっており、結構苦戦します。

EASYとHARDが最初から選択可能となっており、おそらくどちらの難易度でも構わないのでクリアするとHARDモードのさらに上、HELLモードが選べるようになります。

ちなみに僕も友人たちと何回も挑戦してきましたがいまだにクリアできたことがありません。

次に対戦モードですが、こちらはプレイヤー同士で通信対戦が行えます。

3種類のルールから選んで対戦するのですが詳しいルールなどは闘獣王のzipファイルを解凍したときにできたフォルダの中にある説明書の『■■ 対戦モードについて』の項を読んだほうが良いでしょう。

個人的には通常方式というルールが一番気に入りました。ソロプレイや協力プレイに比べて勝敗が決まるのが早いので手軽に遊べました。

ホストとして部屋を建てるならポート解放(デフォルトなら4274)をしてプレイするモードを選んで待機。すでに建っている部屋に参加するなら接続IPにホストのグローバルIPとポート番号を入力してJOINボタンを押してください。

このとき画面が真っ白になって動かない場合はセキュリティソフトの設定を確認してみてください。ノートンなどのセキュリティソフトが遮断している可能性があります。

隠しパス

toju5-pass

右下に隠しパスを入力できる場所があります。

デフォルトでは『dummy』と入力されていますが、これはゲームをクリアすると入手可能で、打ち込むと新たな特殊合成が解禁されます。

特殊合成とはオンラインマニュアルの【進化】の項目にも載っておりますが、ある決められたモンスターの組み合わせで合成を行った際に起こる進化のことで、いくつかは隠しパスによる解禁をしなければ作ることができなくなっています。

とは言っても、隠しパスで解禁できる特殊合成モンスターはあまり重要度も高くなさそうですし、解禁しなくても十分遊べます。

フェイバリットモンスターって何?どれを選べばいいの

ゲームをスタートすると最初にフェイバリットモンスターをマウスの左クリック・右クリックで2種類選ぶことになるのですが、これによってゲームスタート時の手札、そしてFカードを引いたときに出現するモンスターが決まります。

チュートリアルのチェックを入れてゲームスタートすると解説してくれるので詳しくはそちらで確認すれば問題ないかと思いますが一応簡単に説明すると、闘獣王5D’sにはFカードというものが登場し、画面下側のテーブルから選んだり、ショップで購入することによって入手できます。

このFカードは必ず最初に設定したフェイバリットモンスターの系統しか出ないため、モンスター合成に大きく役立ってくれます。

闘獣王5D’s攻略のコツとしてはここで選んだフェイバリットモンスターに沿ってモンスターを合成していくと安定したゲーム攻略になると思います。

どれを選んでもおそらくクリア可能ですし、個人の好みもあるので絶対の正解は無いのですが、個人的に最初は【死者】と【亡霊】を選んでプレイしていました。

理由として【亡霊】系統の最終進化であるルートノワールというモンスターがとても使いやすかったからです。

ルートノワール

【亡霊】系統の最終進化であるルートノワールは自分の場に他の味方が居ないと行動速度+150%になる[高潔]という特性を持っています。

これのおかげでほとんどのモンスターよりも先に行動できるため、相手が動く前に敵モンスターを倒してきちゃいます。

序盤に亡霊系統の最下級モンスターであるファントムをなんとか合成してヴァンパイアに進化させるだけで、後は合成や戦闘で勝手にルートノワールまで進化していきます。

モンスター1体だけに集中できるのでまだゲームに慣れていない初心者でも安定して使っていけました。

ただ、モンスター1体だけということで毒や石化などの状態異常には弱く、どんな敵にも無双できるというわけではないので注意が必要です。

特殊合成について知ろう

進化

モンスターは、種族毎に決められたレベルになると進化する。進化レベルはアイコンの右下に表示されている(表示されていないモンスターはそれ以上進化しない)。また、決められたモンスターの組み合わせで合成をおこなうと、特殊なモンスターに進化することがある(特殊合成)。特殊合成のヒントは図鑑ウィンドウから確認できる。

引用:闘獣王とは (トウジュウオウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

特殊合成の数

特殊合成は本当にたくさんの種類が用意されており、ゲーム序盤からすぐに作りやすいものからちょっと手間がかかって作りにくいものまで様々です。

一応Wikiなどを見ればまとめてくださっている方々がいるのでそちらを見ながら気になったものを合成していってみれば良いでしょう。

おすすめの特殊合成

個人的におすすめの特殊合成はドラシエルというモンスターです。

ドラシエルは毎ターン味方のHPを上昇させる特性を持っており、合成素材もやってみれば分かると思うのですが『トレント+トレント+壁』、『トレント+壁+壁』あるいは『トレント+ゴーレム』と割と作りやすくなっています。

ドラシエルが1体場にいるだけでかなり安定すると思います。

特殊合成は作るべきなのか

特殊合成がこんなにあるとどうしても特殊合成がメインで普通の進化モンスターではそこまで活躍できないのかと思ってしまいがちですがそんなことはありません。

むしろ普通の進化モンスターのほうが作りやすいため、どのゲームでもほとんど活躍してくれます。

また、特殊合成は数が多いせいかとても作りにくいモンスターなどがおり、はっきり言ってそれらのモンスターは現状マイナーモンスターとなっています。

もちろんこれから上級者の方々が新たな戦法を開発してマイナーモンスターの評価が一気に変わる可能性もあるかもしれませんが、現時点ではドラシエルなどの一部特殊合成の人気のほうが圧倒的に高いというイメージがあります。

しかし、だからといって毎回同じ構成では飽きてきてしまうので、何か作ってみたい特殊合成を決めてゲームに臨むのも楽しいかなと思いますのでそういう意味では特殊合成を作ることをおすすめします。

特にミカエルやニンフは見た目もかっこいいので一度は作ってみてほしいですね!

さいごに

とにかくまずはダウンロードしてチュートリアルにチェックを入れてプレイしてみてください。

ゲーム自体はシンプルなのですぐに楽しめるようになると思います。

何回かプレイしていくうちにいろんなモンスターを見て、自分が好きな戦法が見つかると思うので後は頑張ってまずはEASYモードのクリアを目指してみてください。

EASYをクリアすると次はHARDです。HARDはなかなか難しいので自分のモンスター構成や技などを考えて挑戦してみましょう。

気づけば時間を忘れて熱中しているんじゃないでしょうか!

【闘獣王5D’s】序盤を乗り切るための攻略と考察
闘獣王5D'sは何も考えずただ適当に合成しているだけでは手札のモンスターレベルがばらばらになり、うまく合成することができません。 ...

リンク 闘獣王5D’s – ゲームこうかいじょ

スポンサーリンク
footer2
footer3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする